作者情報


メギストリス国営放送★視聴者ばんぺいゆ
ドラクエ10で遊んでます。 (*'▽') @Astortear

運営サイト情報

FacebookとTwitterにも転載しています

週間IN:0 ・ 週間OUT:16

FacebookとTwitterにも反映しています(*'▽') フォローとアドバイスお待ちしてます。

作者漫画タグ

その他の雑学 - シリーズ4コマ漫画

閲覧数:123 シリーズ作品数:1 更新日時:2018-02-17 13:20

信じるか信じないかはあなた次第

にくじゃがの秘密

にくじゃがの秘密
誕生の経緯に関する都市伝説 [Wikipediaより] 広く流通している都市伝説として、1870年(明治3年)から1878年(明治11年)までイギリスのポーツマス市に留学していた東郷平八郎が留学先で食べたビーフシチューの味を非常に気に入り、日本へ帰国後に艦上食として作らせようとしたが、命じられた料理長はビーフシチューを知らず、東郷の話からイメージして醤油と砂糖を使って作ったのが始まりという話がある。しかし、当時の日本では既にビーフシチューやその変形であるハヤシライスが洋食屋での一般的メニューとして存在していた。また、牛肉を醤油と砂糖で煮るのは牛鍋や牛肉の大和煮と同様の手法であることなどから、代用したという説は、単なる都市伝説に過ぎない。この都市伝説は舞鶴市が「肉じゃが発祥の地」として宣伝する際のジョークとしてプロモーションしていたことが始まりである。
コメント数:0 → コメントを投稿