作者情報


メギストリス国営放送★視聴者ばんぺいゆ
ドラクエ10で遊んでます。 (*'▽') @Astortear

運営サイト情報

FacebookとTwitterにも転載しています

週間IN:0 ・ 週間OUT:8

FacebookとTwitterにも反映しています(*'▽') フォローとアドバイスお待ちしてます。

作者漫画タグ

投稿日時:2017-12-14 14:21 閲覧数:204 コメント数:0
12月10日はノーベル賞授賞式  前の投稿 「12月10日はノーベル賞授賞式」
次の投稿「208年12月15日:赤壁の戦い」 208年12月15日:赤壁の戦い

兄ジョゼフJoseph Michel de Montgolfier(1740―1810)、弟ジャックJacques tienne de Montgolfier(1745―1799) 熱気球の発明者。 フランスのリヨンに近いアノネイで製紙業を営んでいたが、煙が上昇するようすを観察して煙が空気より軽いためと考え、人類初の航空機である熱気球を作った。直径約10メートルのアマ製の気球を紙で内張りし、煙、実は熱空気を詰めて、1783年6月5日、アノネイ市広場から上昇させた。 同じ年の11月21日にはパリで、ド・ロジエ(1756―1785)とダルランド侯爵(1742―1809)が搭乗して、最初の有人飛行に成功した。 最初の無人気球は約2キロメートル飛んだにすぎなかったが、有人気球はパリ南部を回って東へ約8キロメートル飛んだ。まずニワトリ、アヒル、ヒツジで動物飛行を行い、ついで綱で留めた上昇試験で人体への高度の影響を調べた後に人間を搭乗させた経過はきわめて科学的であった。ただ、空へ昇る煙から気球を着想しただけで、加熱された空気が軽くなり浮揚力をもつ原理は知らなかった。 物理学者のJ・A・C・シャルルは、同年8月27日に水素を満たした無人気球を飛ばして水素気球時代を開いたが、熱気球が素人のモンゴルフィエ兄弟によって発明されたところがおもしろい。科学精神さえあれば、専門家よりもむしろ画期的な発見が可能である。熱気球はその簡単さから、現在はスポーツとして愛好されている。[コトバンクより抜粋]
タグ: 12月14日  ドラクエ10  モンゴルフィエ  熱気球  風車の丘 
シリーズ今日は何の日?プク風味 (No.0) ← シリーズ作品をまとめて見る事ができます
1782年12月14日:熱気球テスト飛行初成功の日
作品に対するコメントはまだありません
 コメント投稿はコチラ


画像付きTweetするには、Twitter連携が必要です。
twitterアカウント連携

メギストリス国営放送★視聴者ばんぺいゆの他の作品

「ドラクエ10」タグの付いた他の作品

4コマ漫画を作ってみよう

コチラの作品は、誰でも簡単に4コマが作成できるWEBで4コマ作成ツールで作られています。